エムズのレッスンは「英語4技能」聞く・読む・話す・書くに、考える力・発表する力・文法力・語彙力をプラスした「8技能」を学習して英語で自己表現のできる子どもを育てるプログラムです。
「誰の前でも、どんな状況でも臆せず自分の意見が言える」その目標に向かって段階的に必要な力を養います。英語をネイティブ並みにするには「適切な時期に10000時間以上英語環境に身を置く」ことが必要となりますが、日本の公立校に通学した場合は小学1年生〜高校3年生でも1500時間あまりにしかならず全く時間が足りません。
ですが、エムズが掲げる目標は「国際社会で生き抜くために最も大切な力」であり、それを目指す指導法が8技能を養うエムズメソッドです。

 

基準レベル
英検Jr.Silver合格

目安
英単語600語程度習得

基準レベル
英検3級または準2級合格
50〜60単語を使用し英作文・発表可能

目安
英単語2600〜3000語程度習得
※小学校1年生〜6年生ご受講時

基準レベル
英検2級合格
80〜100単語を使用し英作文・発表可能
ネイティブとの10分〜15分会話可能

目安
英単語3600〜5000語程度習得

「子どもがテキストに合わせるのではなく、テキストを子どもの発達に合わせる」ことを信念に作られた最初のワークブックシリーズです。子どもの発達年齢に合わせて、文字のサイズやマス目の大きさ、アクティビティ、導入単語を変えています。家庭学習(宿題)としても使用しています。

★Kinderクラス(幼稚部)で使用
★読む力・書く力・聞く力を育てる

「国際社会を生きる子供たちの技術として身につけさせたい力」として「思考力」と「表現力」を英語で学びます。英語を学習するうえで、最も難しいハードルは、「自分らしく自分の意思を表現する」こと。これからの国際社会を生き抜く子どもたちには、言葉の壁を軽々と超えて、自由に自分の意見を言えるだけのコミュニケーションを身につけて欲しいと考えています。そのために、「クリティカル・シンキング」と「プレゼンテーション」のスキルをKinder(幼稚部)の段階から、徹底的に養います。

★年長〜小学4年生クラスで使用
★考える力・組み立てる力・書く力・発表する力を育てる

SKIT練習とReadingをこの1冊で、ストーリーを追いながら、ロールプレイで60の基本応答フレーズを学習します。

★年長〜小学3年生クラスで使用
★話す力・読む力・考える力を育てる

動詞学習を中心に据えた「目から鱗」の文法ワークブックです。動詞を柱とした「英語のルール」を学習します。Be動詞と一般動詞126語を過去形も含めて覚えきることを目標とし、自分が何をしたいかを伝えられる「コミュニケーションスキル」の土台を築きます。

★Elementaryクラス(小学部)で使用
★文法力・語彙力・読む力・書く力を育てる

学習した文法を英作文でアウトプットし、英語を使いこなせるよう学習内容の理解を深めます。「書くコツ」を習得し、英語をさらに楽しむお子様が増えていかれることを願っています。

★小学3年生〜使用
★書く力・文法力・語彙力を育てる

小学3年生と6年生のクラスで使用している教材をご紹介!
↓こちらの日本語を英語に訳す練習をします。

L3クラス(小学3年生)
①それはバナナを食べます。
②彼はヘビをさわります。
③あなたはテニスをしますか?いいえ、しません。
④それは空を飛びますか?はい、飛びます。
⑤あなたはりんごを食べますか?はい、食べます。
⑥彼女はコウモリを飼っていますか?はい、飼っています。
⑦あなたの姉(妹)は木に登りますか?いいえ、登りません。
⑧パンダは野菜を食べますか?はい、食べます。

L6クラス(小学6年生)
①ある男の子が昨日大きな虫を捕まえました。
②その男の子は彼の友達にその大きい虫を見せました。
③彼の友達は叫びました。
④彼らはその虫を教室で飼うことに決めました。
⑤あなたは先月私に手紙を書きました。
⑥私はその手紙を先週の水曜日に受け取りました。
⑦昨日、私はおいしいりんごパイを作りました。
⑧私はあなたにりんごパイをあげるのを忘れました。

主に、家庭学習(宿題)として使用します。全6シリーズ終了時に1840語を習得。低学年では、クロスワードなどのゲームを楽しみながら、高学年では付属の辞典を使用して演習します。過去10年間の試験から語彙を徹底分析!語彙の出展源は英検Jr. Bronze~英検4級です。

★年長〜小学6年生クラスで使用
★語彙力・聞く力・読む力・書く力を育てる

 

この他に、English Notebook4線ノート)やEnglish Calendar(出席ノート)リーディングブックを使用しています。